スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
text-decorationプロパティ
text-decorationプロパティで指定できる値
none…装飾なし
underline…下線
overline…上線
line-through…打ち消し線
blink…文字を点滅

css内では以下のように使用する。

tent-decoration: none;
スポンサーサイト
サーバー購入
会社で新たにサーバーを購入した。今まで使っていたサーバーに加え、XServerを導入する。これからはデータ用とメールサーバー用の二本立てでいくみたいだ。
導入したらしたで、何かと問題が出てくるのだが…
Windowsのマシンも購入したり、プリンタも購入したり… 一体どこから金が出てきているのか分からない。

font-weight、styleプロパティ
font-weightプロパティで設定できるもの
normal…標準
bold…太字
bolder…現在のものより一段階太いもの
lighter…現在のものより一段階細いもの
100~300…lighterと同じ
400~500…normalと同じ
600~900…bold、bolderと同じ

font-styleプロパティで設定できるもの
normal…標準
italic…italic体にする。なければobliqueを使用する
oblique…obliqueにする。なければnormalを斜体化する
IE対応
IEで見るとレイアウトが崩れてしまっていたので、修正しました。改めてCSSファイルを見直すと、二重書きがされていたり、marginやpaddingの設定が目茶苦茶だったり…
だからIEできちんと表示されなかったのかと思いました。
そういうことに気がつくということは、少しは成長したのかも…
CSSの復習 Part.4
font-sizeプロパティの値
xx-small…極々小
x-small…極々小
small…小
medium…標準
large…大
x-large…極大
xx-large…極々大
smaller…一段階小さく
larger…一段階大きく
どうすれば…
質問です。
トップページのイラストをFlashで作り直してみました。ですが、SWFだと背景画像には入れられないですよね。
containerに背景画像を入れています。そして、header内にswfファイルを入れてみたんですが、表示されないんです。
containerの背景画像の上にswfを表示(header内に)させることは出来るのでしょうか?
CSSの復習 Part.3
ブロックレベル要素
○h1…h6 見出し
○p 段落
○ul 箇条書き
○dl 定義リスト
○blockquote 引用文
○address 問合せ先
○div グループ化や範囲設定

インライン要素
○a リンク
○img 画像
○em 強調
○strong より強い強調
○br 改行
○span 任意の範囲
CSSの復習 Part.2
CSS内でのコメントの書き方
/*~コメント~*/
「/*」と「*/」で囲まれた範囲がコメントとして扱われる。ブラウザには表示されない

色の指定
HTMLと同様、「#」に続けてRGB各2桁づつの16進数で表示する
#AABBCC
また2桁の値が同じならば、省略して記述できる
#ABC
また10進法でも色指定が出来る
rgb(R値、G値、B値)
赤(#ff0000)ならば、rgb(255,0,0)となる
RGBの各色を0~100%の値で示すことも出来て、rgb(100%,0%,0%)とも記述できる
CSSの復習 Part.1
CSSの復習をしてみたいと思います。先ずは基本的な事から。
CSSは「セレクタ」、「属性」、「値」の3つを組み合わせて記述していきます。

セレクタ{属性:値;}

改行や半角スペースをいれて、読みやすくしてもよい。

セレクタ{
     属性:値;
     }
まだDTPでは…
 DTPの現場にいるのだが、次第に新しいものへと移行しているように感じる。OSもXの仕事や、CTPでやる仕事も増えてきているし… イラレタやフォトショップでのデータもCSやCS2のデータが増えてきている。
 とは言っても、制作現場ではまだまだOSも9だったり、イラレタもVer8や9、フォトショップもVer.5.5や6のデータが多かったりする。
 制作現場が全て新しいものに変わるかというと、それはまだないと思う。CSやCS2だと出力の際にエラーが起きて出力出来ないこともあるからだ。
 そういうのを一つ一つクリアしていかないといけない。新しいものを導入するというのは、色々大変だ。
 
WEB演習~Flash編~
Flashの勉強についてのブログを始めました。タイトルは『WEB演習~Flash編~』です。このブログではActionScriptを中心に進めていく予定です。
http://d.hatena.ne.jp/atsunosuke/
右下のリンクの所からもページに行けます。
データ書き出し
 イラレタで作成したデータをFlashで使いたい時、データ書き出し→Macromedia Flash(swf)で書き出して、Flash側で読み込みでデータを開きます。
 前にai保存(ver.8に落として)して、FireWorksで開いて、Flashに持っていくという方法がありましたけど、それはレイヤーを保持したままデータを開けるということが利点なのでしょうか?
 あとFireWorksやFlashで開く際に、色々ダイアログが出ますが、特に変更する所はないですよね?
WEB教程CD終了!
 WEBスタンダードのCD、終了しました。感想は、ちょっと物足りないって感じですね。
スタンダードユニットだから基礎的なことで終わりなのでしょうが、もうちょっと踏み込んで欲しかったなぁ。CGIやFlashの所は…
 でも自分の知らなかった事とかが出てきて、それはそれで勉強になりました。ちょっと不安な所ももう一度見てみる事で、解消されることだろうし…
 先生が言うように『下手に本を何冊か買うよりは、絶対いい!』。その通りでした。

 
 
今出来ること
 自分で今、何が出来るかを考えてみた。
 デザインというよりは、コードを書いていく方が自分ではいいのではないか? と思えてきた。
 コードを書いていくのは苦痛ではないし(むしろ面白い)、今現在の仕事(DTP)の技術も活かせるのではと思ったからだ。
 ここが見出しで、ここが本文とかいうマークアップのことだけれども…
 デザインのこととなると、まだまだ勉強すべきことが沢山ある。
 
 
 
あと1枚
 教程のCDが残り1枚になった。
終わりが近づくと、何だか物足りない感じもする。
残り2枚
 ユニットのCD、残りが2枚になった。実際にCDを見ていくうちに、一回見ただけでもういい所と、もう一度復習した方がいい部分が何処か自分で分かるようになってくる。
 そうして自分の苦手な所を繰り返して勉強いくことで、自分の力になるのだと思う。
難しい
 日々何かを学んでも、次から次へと新たなモノが出てくる。それを追いかけようとしたら、今やっていることがおろそかになる。
 でも今現在、出来ることを一所懸命やるしかない。そうしていくと、その先も見えてくるのではないだろうか。
metaタグ
metaタグ修正したものをサーバーにアップしておきました。
あと、現在作成しているページもgoogleの検索に登録しました。でも、トップページしかまだ出来ていないので、全然ヒットしません。

ブログを検索サイトに登録するのを忘れていました。登録するには、どのようにすればいいのでしょうか?
yahooのIDは持っています。それがあれば、yahooのトップページとかから、登録出来るのでしょうか?
googleの検索が…
 日曜日に登録したGoogleの検索ですが、設定したトップページではなく、ギャラリーページのindex.htmlが表示されてしまいます。
 これは何故なのでしょうか?
スライス出来るのでしょうか?
 FC2にアップしているページのデータですが、それについて質問です。
 イラストのデザインを替えました。左側にボタンを作ってみました。これはスライス出来るのでしょうか? スライス出来るのであれば、そこをボタンに変換したいです。
 ボタンが斜めになっているので、それをスライス出来るのかが分かりません。PhotoShopでガイドを引こうとしても、斜めには設定出来ませんよね?
 四角形でスライスして、重ね合わせるとかなのでしょうか? そうしたら、ロールオーバーが出来ないような…
 わかりません。宜しくお願いします。 
Webのお勉強。CSS編2
 今回はCSSのリンク設定について。
通常DreamWeaverでCSSのリンクを貼るときは、デザインパレット→CSSスタイル→一番左の鎖型のアイコン「スタイルシートを添付」をクリック。そして、リンクしたいCSSファイルを選ぶ。
こう設定すると、自動的にコードビューにlink href="●●●.css" rel="stylesheet" type="text/css" と記述される。

ここでもう一つ。@importを使ったリンク設定の仕方を。
まずは上記の通りにCSSを設定。そしてリンクしたCSSファイルを開いた状態で、さらに鎖型のアイコンをクリック。そこにリンクしたいCSSファイルを選択。そうすると、最初の時とは違い「ファイルを読み込む」にチェックが入る。
 こうすると最初にリンクしたファイル(「●●●.css」)に、@import url("▲▲▲.css");と記述される。

 最初に設定したCSSファイル「●●●.css」はリンクを貼るためだけのファイルにして、各種設定は「●●●.css」にリンクを貼る「▲▲▲.css」などのファイルに記述していく。
 例えばFont設定は「▲▲▲.css」ファイルに。レイアウト設定は「■■■.css」ファイルに。

 そうすることで、一枚に長々と書くよりも読みやすく、管理しやすくなる。
Webのお勉強。CSS編
 Webのページ作成にDreamWeaverを使用しているのだが、ユニットCDを見ていたら興味深いテーマがあった。
 『デザインタイムスタイルシート』というものである。それを使うと、画面上には表示されるがブラウザプレビューでは表示されないというものだ。
 例としては、CSSのdivタグにborderを設定して、デザインタイム設定をすると、HTMLもしくはXHTMLのdivタグで囲まれている箇所が、デザインビュー表示画面で線で囲われるというもの。
 Webページ作成をしていく上では、かなり使えそうである。
ブロックレベル要素とインラインレベル要素
 今回はブロックレベル要素とインラインレベル要素について。
ブロックレベル要素とは、例えるならばデータの入れ物の箱のような働きをするもの
ブロックレベル要素としては、h1~h6、p、li、table、hr、address、blockquoteなどが挙げられる。

対してインラインレベル要素とは、ブロックレベル要素の一部分に対し、文字の強調やリンクといった役割や機能を設定するもの
インラインレベル要素としては、a、img、area、br、i、emなどが挙げられる。

ブロックレベル要素のなかにインライン要素を入れることは出来るが、インライン要素の中にブロックレベル要素を入れることは出来ない。

*CSSでdisplay:blockやdisplay:inlineといったものがあります。
これまでは背景画像を設定したら、display:blockにする! などと機械的に作業していました。
「はて? この違いはなんだろう?」と思ったので、調べてみました。

HTMLとXHTMLの違い。
今日の教程のおさらい
HTMLとXHTMLの違いについて。違う点についてのみ記述します。

・タグは全て小文字を使用する。 body,h1など
・属性は全て引用符で囲む。 width="700"など
・空タグをspaceと/で閉じる。 img /、br /など


 
FC2
 FC2のホームページのアドレス、yahooメールに送っておきました。まだ全然出来ていませんが、少しずつ作っていきます。
Web教程、半分終了!
 ようやくスタンダードWebユニットのCD、半分を見終わった。
最後の教程はTableを使ってのページ作成の仕方だった。久しぶりにTableを使ったページ作成をしてみると、忘れていることもあったり、新たな発見もあったりと面白い。
 つい半年ほど前まではTableを使ったデザインばかりを考えていたのに、今はTableのことはほとんど考えていない。フォームを作成するときくらいにしか使うことはないのだ。
 もう完全にCSSでのページデザインを考えている自分がいる。半年前では考えられなかったことだ。
 
どうしても出てしまうDTP体質
 いつもの習性というか、頭よりも先に体が自然とそうしてしまうのだ。
 DTPで切り抜き画像を使用するときは、別のソフト(イラレタやQuark)に貼りこんで使用することが殆どである。
 だから、新規パスを作成→パスを保存→クリッピングパスという作業をなんの疑問を持たず行っていた。
 先日、先生から「クリッピングパスは別ソフトに貼りこむときに必要なだけで、Webの際は選択範囲を取って、透過GIFにすれば大丈夫」と聞かされた時、目から鱗だった。
 まだまだDTP的発想が先に来てしまう。Web的な発想も少しずつ身に付け、その時々で最良の選択を出来るようにしたいものである。
FireWorks
 今回はFireWorksを使ってのカンプデザインの仕方を勉強した。FireWorksは今までほとんど使ったことがなかったので、最初は操作方法に戸惑ってしまったが、イラレタやフォトショップに似たところが多かったので、そんなに大変ではなかった。
 ベクトルデータとビットマップを同時に編集出来るとは、優れモノだ。今後イラレタだけでなく、FireWorksも使う機会が増えそうだ。
ユニットCDの続き
 スタンダードユニットのCDを見ている。PhotoShopを使ってのデザインカンプの作成の仕方という興味深いテーマだった。
 今まではIllustratorで全てを作成していて、PhotoShopではスライスのみを行っていたのだけれど、こういうやり方もあるんだなぁと感心した。
 次の教程はFireWorksを使ってのデザインカンプの作成方法だ。FireWorksは今までほとんど使ったことがないので、これまた興味深い。
切り抜き解決!
 前のブログで書いたPhotoShopでの切り抜き画像の件ですが、解決しました。といっても自分で見つけた答えなので、合っているのかはわかりませんが…
 まず、切り抜きを行いたい画像にパスを作成。そしてそのパスを保存。そのパスをクリッピングパスに設定。
 そして、クリッピングパスを選択範囲に変更して、選択範囲の反転を実行。そしてその選択範囲内を白で塗りつぶす。
 そして、ツールバーからマジック消しゴムツールを選び、許容値を「0」に設定、アンチエイリアスのチェックを外し、白で塗りつぶした範囲をクリック。
 すると白で塗りつぶした範囲が透明に変わる。そしたらその画像をImageReadyに持っていって、透過GIFで書き出す。それで切り抜かれた画像が出来ました。
 もっと簡単な方法があれば、教えてください!
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。