スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
RSSとメールマガジン
メルマガの問題点
・スパムメール(迷惑メール)が多く、メルマガが消費者にきちんと届くかが不確定。(プロバイダーのフィルタリングで誤って消去されてしまう可能性があるので)
・個人情報保護法の問題(個人情報の流失)

メルマガの利点
・購読の際に個人情報を登録しているので、企業側はそれに沿ったサービスを提供できる
・消費者もそれにより、「特別な待遇を受けている」と感じれる。

RSSの問題点
・メルマガの様に個人情報を登録しないので、特定のターゲットに絞ったマーケティングが出来ない。
・登録の解除も簡単に出来るので、固定客を掴むのが難しい
・RSSリーダーを装備しているパソコンが少ない

RSSの利点
・スパムメールの様に排除されない
・個人情報の登録がない
・消費者が個人の関心のあるテーマに絞って情報を取得できる
・登録・解除が簡単である

今はまだメルマガとRSSの両方を使って、それぞれに足りないものを補っていくのがいいのではないだろうか。
スポンサーサイト
RSSと口コミの関係
口コミによるマーケティングについて
1.Aという人が、面白いサイトなり商品を見つける
2.Aが自分のブログでそれを紹介する
3.Aのブログを見たBという人が、それを自身のブログで紹介する
4.Cという人がBのブログを見る。そしてまた紹介する

こうやって世間に広がっていく。加えて、これは消費者の生の声だ。だから情報の信頼性が高い。
サイトなり商品の発売元は宣伝費などがあまりかからない。
ボット・セキュリティホール
「ボット」と「セキュリティホール」というネット用語の認知度が低いという記事を見た。
私も「ボット」という言葉は知らなかった。「ボット」の解説はこちら。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/ITPro/OPINION/20041215/153889/
「セキュリティホール」の解説はこちら。
http://e-words.jp/w/E382BBE382ADE383A5E383AAE38386E382A3E3839BE383BCE383AB.html
世の中知らないことの方が多すぎる。毎日が勉強だ。
RSS検索エンジン
RSS検索エンジンはRSSファイルの中身だけを調べていくので、WEB検索エンジンと比べて、更新頻度が高い。
加えてPINGの機能により、データ更新とほぼ同時に検索エンジンのデータベースにも反映される。

PING(Packet INternet Groper)の略。インターネットなどのTCP/IPネットワークを診断するプログラムのこと。
RSS Part.2
欠点
・RSSリーダーを標準搭載しているマシンが少ない(パソコンが苦手な人などは、RSSリーダーをダウンロードして、RSSを利用するとは思えない)
・メールマガジンなどと違いユーザーの個人情報を取得出来ないので、『20代のOL』などのようにターゲットを絞って商品を販売することが出来ない。
・新しい技術のため、マーケット自体が未整備なところが多い

しかし、今年中に発表されるIE7ではRSSリーダーが標準装備されると言われているので、一気にこのマーケットが活気づくように思われる。
RSS part.1
RSSの利点
・自分の欲しい情報だけを得ることが出来る
・メールマガジンのような、登録・解約時に面倒な手続きがない
・メールアドレスを登録しないので、スパムメールが送られてこない
・個人情報が守られる

メールマガジンの様に送信側(企業側)が主導権を持っているのではなく、こちら側(消費者)が主導権をもっている
PDFとFlashが合体
 今年中にPDFとFlashを合体したものが発表されるとか…
詳細は未定らしいけれど、PDFとFlashの両方に対応して、HTMLの機能も取り入れるものが出来るみたいだ。
 個人的にはFlashPaperで十分じゃないと思うんだけど…
caption
 表にタイトルをつける場合には、caption要素を使う。記述する場所はtable要素の開始タグのすぐ後に記述する。
 通常は表組みの上に中央揃えで表示される。

th要素
th要素にはabbr属性で略語を記述するのがよい。
表内で行や列がどのような意味合いを持つのかを、わかる様に設定するのがよい。
summary属性
tableを使用するときは、summary属性を記述する。
summary属性には、そのテーブルの要約文を設定する。そうすることにより、音声ブラウザで表組みの内容よりも先に、summary属性を読み上げ、その表組みがどのような役割なのかを先に確認できるものがある。
一括指定
marginやpaddingなどの設定をするとき、一括指定が出来る。

例)
margin-top: 5px;
margin-right: 10px;
margin-bottom: 5px;
margin-left: 10px;

この場合、以下のように一括指定が出来る。

margin: 5px 10px; 上下と左右
margin: 5px 10px 5px; 上と左右と下
margin: 5px 10px 5px 10px; 上と右と下と左

なお、上下左右ともに同じ値だった場合は、margin: 10px;
とひとつにまとめることも出来る。
検索フォーム
 サイト内に検索フォームを設置したいと思っているんですが、DBとかを作ってからでないと無理なのでしょうか?
 googleとかの無料検索フォーム設置とかですと、googleのロゴがはいってしまいますよね。会社のホームページにも設置したいと思っているので、単純な検索フォームがいいんですが… どこかロゴが入らないシンプルな検索フォームを設置できるところはあるのでしょうか? もしあるのでしたら、教えてください。
 DreamWeaverのヘルプをみてみたら、設置方法みたいなのが書いてはあったのですが、いまいち理解出来なくて…
 DreamWeaverのフォームから、テキストフィールドとボタンを配置して、形だけは整えてみました。
 PLECREのトップページに配置してあります。
自分のやりたいこと
 自分が何をやりたいのか考えてみた。
 やっぱり学校に通うようになった最大の理由は『Flashを身につけたい』だったので、それをメインに考えたいと思う。
 今はまだActionScriptを手書きで何でも書ける段階ではないけれど、少しずつ勉強していこうと思っています。
 そしてMediaPlayerとかColdFusionの知識も身に付けられたらと考えています。
 
podcast
Flashで作成したアニメーションをpodcastにて配信しているサイトがこちら。

http://eight8.jp/podcast/

自分もホームページ内でやってみたい。これもヘテムルのサービスを利用していますね。
CS2
 会社でWEB制作の際、Illustrator、PhotoShop、ImageReadyともにCS2を使っているんですが、操作方法がいまいちわからない。今までDTP作業はイラレタはVer.10だったし、PhotoShopはVer.7を使っていたから、CSの新機能なんて使ったことがありません。
 質問です。ImageReadyのスライスの最適化パレットの「カラーテーブル」の欄にある「Webスナップ」。これ何に使うのでしょう?
 ImageReadyのVer.7にもありましたけど、使ったことありません。パレットの下の方に小さくあったもので。
 説明によると『許容量に基づいて、近似値をWEBパレットにスナップ』。う~ん、いまいちワカラナイ。カラーパレットに色が追加されるということでしょうか? 
 
そういえば
 そうだそうだ、思い出しました。
 以前に買ったオーム社発行の『続 ActionScriptバイブルのツボ』にCommunication Serverについて書いてあったなぁと。
 チャットとかネット対戦ゲームなどが出来るようになると。前にこの本読んだときには、「この機能使うことはない」と思っていたのに…
 ちょっと読んでみたいと思います。
Flash Video
 ホームページのギャラリー内のMovieですが、Flash Videoで自主制作映画を流してみようかなと思っています。
 そうするとなると、やっぱりストリーミングサーバーを使ったほうがいいのかなぁと。見ている人のキャッシュに残らないですし。
 10℃さんの『ウェブアンテナ』に先生が書かれていたヘテムルのページを見てみました。月1500円なんですねぇ。良心的です。ColdFusionとかMedia Serverの使い方がわからなくても、マニュアルに沿ってやっていくだけで大丈夫とありました。
 挑戦してみようかなぁ。
podcast
 podcastだけでも色々と種類がある。音楽配信で有名なiTune。→http://www.apple.com/jp/itunes/
ここはMusicVideoなどの動画の配信も行っている。
 あとはniftyが行っているpodcastサービス『podcastjuice』。→http://www.podcastjuice.jp/
ここでは自分が番組を配信することも出来る。
 音楽、落語、ラジオ、動画などなど。色々なことが出来るものだ。podcastには全然詳しくないので、是非やってみたいと思う。

メディアミックス
 ブログ読みました。なるほど、そうですね。FlashVideoを使えば何とかなるという浅はかな考え、反省です。
 自分なりにメディアミックスの種類を考えてみました。

1.以前作成した漫画などのDTPデータを利用して、オンライン(携帯端末を含む)で販売する。
2.昔のゲームソフトを再利用して、携帯で遊べるようにする。

この二つは過去のデータをそのまま利用出来るということから、経費を抑えることが出来る。

3.携帯端末専用のサイトを作成して、その中でしか販売していない商品を作る。

これは以前テレビ番組で見ました。女性に人気の『サマンサタバサ』だったと思いますが、携帯サイトのみでしか販売していないバッグがあるそうです。それを手に入れるには、そのサイトを訪れるしかない。上手いやり方です。

4.着うた、着メロ
5.USENの『Gyao』

上記のものは既にサービスとして成り立っているもの。これを踏まえて自分なりに何か考えてみたいと思っています。
本格的
 いよいよ今日から会社でWEBページの作成を本格的に開始した。WEB用のサーバーが開通するのは、今週の土曜日みたいだけど、少しずつ作り始めています。
 転職活動も始めました。明日、転職サービス会社のカウンセリングに行って来ます。
購入
購入してしまいました。会社で4月からWEBページ作成担当になったこともありまして、勉強のためです。
まだ最初の数十ページしか読んでいないけど、充実していると感じた。まだまだ勉強することが沢山ある。
WEB標準の教科書
『WEB標準の教科書』を購入しようか悩んでいる。発売された時に一度購入を考えたのだけれど、『スタイルシートの大原則』を読み終えてからにしようと思っていたのです。
さてどうしようかな。
list-style-typeプロパティの値
none…マーカーなし
disc…黒丸
circle…白丸
square…四角
decimal…アラビア数字
lower-roman…小文字ローマ数字
upper-roman…大文字ローマ数字
list-styleプロパティ
baseline…ベースラインに揃える。画像の場合は下辺になる
top…指定範囲内で上辺を揃える
middle…baselineの高さに「x」の文字高の半分を加えた位置に中心線を揃える
bottom…指定範囲内での下辺を揃える
text-top…上辺同士を揃える
text-bottom…下辺同士を揃える
super…上付き文字にする
sub…下付き文字にする
px…ベースラインからの距離(ピクセル単位)
%…line-heightに対パーセント
borderプロパティ
border関連プロパティ
padding…4辺に対する余白をまとめて設定する
padding-top…上辺の余白を設定する
padding-right…右辺の余白を設定する
padding-bottom…下辺の余白を設定する
padding-left…左辺の余白を設定する
border-widthプロパティ
thin…細線
medium…標準
thick…太線
in…インチ単位
cm…センチメートル単位
mm…ミリメートル単位
pt…ポイント単位
pc…パイカ単位
em…文字の高さを1とする単位
ex…「x」の文字の高さを1とする単位
px…ピクセル単位
%…標準を100%とした単位
borderプロパティ
borderプロパティ
border-style…ボーダーのデザイン指定
border-width…ボーダーの幅を設定
border-color…ボーダーの色を設定
border…4辺を同じ値に設定
border-top…上辺の値を設定
border-right…右辺の値を設定
border-bottom…下辺の値を設定
border-left…左辺の値を設定

border-styleで指定する値
border-style:none;…罫線なし
border-style:dotted;…点
border-style:dashed;…点線
border-style:solid;…実線
border-style:double;…二重線
border-style:groove;…罫線を彫りこみ
border-style:ridge;…罫線を浮き出し
border-style:inset;…ボックス全体を彫りこみ
border-style:outset;…ボックス全体を浮き出し
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。