FC2ブログ
EPS形式での保存
 DTP作業でのお話です。
 イラストレーターでの保存形式で、EPS形式というものがある。印刷所や出力センターなどにデータ入稿する場合、「EPS形式で入稿してください」というところもある。
 何故、「EPS形式」なのだろうか?
 最大の理由は出力の際に安定しているからであろう。通常、出力の際は、LaserWriterなどのPostScript対応の出力機にデータを流すことになります。
「EPS形式」で保存した場合、データはPostScript変換されるので、安定した出力が保たれるのです。
 加えて出力センターなどはQuarkやPagemakerを使用している所が多いので、「ai形式」では駄目なのです。QuarkやPagemakerに「ai形式」のファイルは貼れません。ファイル形式としては「EPS」や「JPEG」などです。「ai」形式だと一度データを開いて再保存の手間も掛かります。
 ちなみにInDesignは「EPS」「ai」どちらも対応しています。
 こういった理由から、「EPS形式」が好まれるのです。
 しかし「EPS形式」でも出力エラーが起きることがあります。CSやCS2で「透明効果」を使用している時などです。その際は「ai形式」で保存して出力することはありますが…
 DTP環境でイラレタを使う場合、保存は「EPS形式」でと思ってしまっていいと思います。
 
スポンサーサイト