FC2ブログ
『WEB標準の日』 レポート2
 続いてはアドビシステムズ株式会社プロダクトスペシャリスト 林岳里さんによる特別講演『The Spry framework for AjaxとWEB標準技術』でした。
 『The Spry framework for Ajax』とは、HTML、CSS、JavaScriptの基礎知識があるWEBデザイナーが簡単に使えるように考えられたJavaScriptのライブラリ集のことです。

 spryの利点としては、次の3点が挙げられます。
1.クロスブラウザのフレームワーク
2.HTMLに追記するコードは最小限で済む
3.WEBデザイナー用のJavaScriptライブラリ(Ajax,Widgets,Effects)

 現在サンプルとして、『PhotoGallery』『Product Table』『RSS Reader』がダウンロードできます。サンプルはAdobe Labsからダウンロードできます。
 ただしマニュアルはまだ英語版しか提供されていないそうです。でも英語版のマニュアル(←そんなに難しくないと林さんはおっしゃっていました! ホントかなぁ…)に沿って読み進めていくと、それほど時間がかからずに、作成できるそうです。
 とりあえずどんなものなのか画面を見たいという方は、labs内のshowcaseをご覧ください。
 
 自分はリッチインターネットアプリケーションについての知識はほとんどないので、これを機会に勉強していこうかなと思いました。何だか難しそうな気がするんですよねぇ… 完全に個人的な意見ですが…

 林さんの講演の資料がダウンロードできるようになりました。音声ファイルのダウンロードも可能です。

ちなみにspryは、「活発な、元気の良い、すばしこい」という意味です。

 これにてレポート2終了!
スポンサーサイト