FC2ブログ
『WEB標準の日』 レポート7
 さて今回は株式会社ロクナナの中村京介さんと河内正紀さんによる『すぐに役立つWeb標準テクノロジーの効率化テクニック』です。

 作業の効率化を図るにはどうしたらいいのか?

ミスを減らす

これに尽きると思います。ミスを減らすことで、その空いた時間をクオリティの追及に回すことが出来る。

XHTML

 その為には、XHTMLを書いていく段階から、ID/classの名前のつけ方や文書型宣言の統一などを図り、制作チーム内の誰が書いてもXHTMLの構造が均一になることが望まれる。
 それにより、単一のサイトの効率化が後に複数のサイトの効率化に繋がっていく。

CSS

CSSを記述していく時、1枚のCSSに全てを記述するのではなく、複数のCSSに分けて記述していくとメンテナンスがし易い。

カテゴリ単位…サイト内で共通の部分とページごとに異なる箇所のCSSを分けて作成していく。
この作成の利点は、TOPページとカテゴリページでデザインが大きくことなるサイトなどに対応しやすいが反面、スタイルの検証がしにくかったり、同一スタイルの重複が起こる可能性が出てくる。

モジュール単位…CSSをモジュールごと(header部分、navi部分、footer部分など)に分けて作成していくやり方。
この利点は複数のプロジェクトで共通する部分の再利用が可能になるし、スタイルの検証や修正時間の短縮を図ることが出来る。

JavaScript

・再利用が可能
・制作効率を高めるのに非常に有効

XHTMLやCSSで行おうとすると、かなりソースコードが増えてしまうようなモノでも、JavaScriptを使用すると非常に簡単なソースコードで済ませることが出来る。

例)ロールオーバーやTableを使用して1行ずつカラーを変更するときなどに便利

お二方のプレゼン資料は見ることが出来ます。JavaScriptを使用したサンプルなどもご覧いただけます。
音声ファイルはこちらからどうぞ。
スポンサーサイト