FC2ブログ
『WEB標準の日』 レポート8
 今回は株式会社インフォアクシア植木真さんの『Web標準、SEOにも通じる"攻め"のアクセシビリティ』です。

攻めのアクセシビリティには何が必要か?
正しくマークアップをすること
代替テキスト、コンテンツを提供すること

この二つのことにより、サイト制作者(企業)が伝えたい情報を100%ユーザーに伝えられる

100%伝えるための手段として効果的なのが、WEB標準に準拠したデータの作成なのである。
そうしてソースコードを見れば、そのコンテンツの情報・構造・意味が理解出来る状態にすることが大事である。

そのためには(X)HTMLの正しい記述が何よりも大事になってくる。
・正しく見出し・段落・リストなどをマークアップする。
・titleを工夫してつける。サイト名を全部に付けるのではなく、そのページのタイトル+サイト名にするといい。
例)サイト名:SOCCER。ページタイトル:世界の名プレイヤーFW編ならば、タイトルはこのように付ける。「世界の名プレイヤーFW編・SOCCER」
・画像には必ず代替テキストを記述する。
・単語の途中で改行や空白文字を入れない。
・リンクを貼る際、「詳しくはこちら」などどリンクを貼らずに、"○○○のホームページへ"このようにする。

正しくマークアップしてアクセシビリティを確保することで、必然的にSEO対策になる。

最後に植木さんが提唱していた言葉で終わりたいと思います。
「これからのWEBは、とにかくWEB標準に準拠することが大事。
どんな制作者/運営者であっても、WEB標準やアクセシビリティを実践できないプロは使えない。
Webは、常に進歩していて、もっとユーザーが来るように、もっとアクセシブルかつクリエイティブにならなければいけない。
とにかくすべてが速くなっている。」


植木さんのスライドのダウンロード
音声のダウンロード
スポンサーサイト