スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ローカル環境
テスト用にローカルのサーバー環境を確保。
こちらで色々テストをして動作確認をしてから、契約サーバーにアップしていこうと思います。
スポンサーサイト
CSS Nite Vol.13 Vol.6
●Mozilla Japanの金井さんと中野さんのプレゼン資料と音声ファイルは、CSS Nite公式ブログにアップされています。

●そして今日、Firefox2.0がダウンロード可能になりましたね!
ちょっと使ってみましたが、新しいウィンドウがタブで開かれるのは、とてもいいです!
かなり使いやすいです!

Firefox2.0のダウンロードページ
CSS Nite Vol.13 Vol.5
●バックエンドの新機能

JavaScript1.7をサポート
基本的には既存の仕様には変更なし
200件を超えるJavaScriptエンジンの修正
60件を超えるDOMの修正

新しい検索プラグイン形式
MozSearch、OpenSearchの二種類のフォーマット

拡張機能システムの更新
ユーザーがインストール済みの拡張機能の更新を手軽に検索してインストールできるようになった。

クライアントサイドセッションおよび永続ストレージのサポート
DOMStotageを実装することで、クライアント側で構造化されたデータを保存できるようになった。

新しいWindows版インストーラー
新しいWindows版のインストーラーにより、インストールが高速になった。
CSS Nite Vol.13 Vol.4
●改良された点

タブブラウズ機能
・タブそれぞれに「閉じる」ボタンが付いた。
・沢山開いて一つのウィンドゥに表示しきれなくなった場合、左右にスクロールの矢印が表示される。
・右端に表示されるドロップダウンボタンをクリックすると、タブの一覧が表示される。
・タブを閉じてしまった場合でも、「履歴」→「最近閉じたタブ」でサイド開くことが出来る。
ショートカットは「Ctrl」+「Shift」+T(Windowsの場合)
・_blankに指定されているものは、新しいウィンドゥではなく、新しいタブで開かれるようになる。

検索キーワードの候補表示
検索バーに文字を入力し始めると、ドロップダウンリストが現れ、検索キーワードの候補一覧が表示されるようになる。
Yahoo!JapanとGoogleで使うことが出来る。

インターフェースの簡素化
ツールバーのボタンにマウスオーバーすると、色が変わるようになった。
CSS Nite Vol.13 Vol.3
●ライブタイトル
ブックマークのラベルに収まるくらいコンパクトで、固定されたページタイトルよりも分かりやすく、最新の情報が提供されると即座に反映される。

●WEBフィードの管理
RSSフィードを自分の好きな方法で購読できるよう、コンテンツのプレビューと複数のオプションが用意されている。
これにより従来までは単なるxmlのコードでしかなかったものが、ホームページのように表示することが出来るようになった。

●セッション復元機能
Firefoxが終了してしまっても、データやブラウジングの状態を失うことがなくなりました。
セッション復元機能により、次回起動時にウィンドウとタブを終了直前の状態に戻し、フォームに入力したテキストや進行中だったダウンロードを復元してくれる。

●検索エンジンマネージャ
検索バーの左端にあるアイコンをクリックし、ドロップダウンメニューから[検索バーの管理]を選択すると開くことが出来る。
検索バーに統合されている検索エンジンを簡単に追加、削除、並べ替えをすることが出来る。

●拡張機能およびテーマ用のアドオンマネージャ
機能拡張やテーマを管理するためのユーザーインターフェースが改良され、Firefoxのカスタマイズがより簡単になった。
[ツール]メニューから[アドオン]を選択すると開くことが出来る。
機能拡張をhttps://addons.mozilla.com/からダウンロードして、色々カスタマイズ可能。
CSS Nite Vol.13 Vol.2
Firefox2の新機能(Firefox2レビューアーズガイドより)

●フィッシング詐欺サイト警告機能
フィッシング詐欺の疑いがあるサイトにアクセスすると、警告を表示し、本物のサイトを見つけられるよう信頼のある検索エンジンへ誘導してくれる。
警告機能は初期設定で有効になっている。

●組み込み文字のスペルチェック機能
ブログの記事やメールのメッセージ作成の際、入力されたテキストのスペルをチェックしてくれる機能。
ただしこの機能を使用するためには、事前に専用の辞書をインストールしなければいけない。
Webページ上のテキストボックスを右クリックして[辞書を追加]を選択すると、Mozilla Addonsのサイトが開く。
そこから必要言語の辞書をインストールすればOK!
CSS Nite Vol.13 Vol.1
CSS Nite Vol.13に行ってきました。
今回はMozilla Japanの金井玄さん、中野雅之さんによるFireFox2.0と3.0についてのプレゼンでした。

今日の資料として貰ったパンフレットにはFireFox2.0の注目機能は以下の様なものがあると書かれていました。

フィッシング詐欺サイト警告機能(新機能)
組み込みのスペルチェック機能(新機能)
ライブタイトル(新機能)
Webフィールドの管理(新機能)
セッション復元機能(新機能)
検索エンジンマネージャ(新機能)
アドオンマネージャ(新機能)

タグブラウズ機能(改良)
検索キーワードの候補表示(改良)
ユーザーインターフェース(改良)

それぞれの機能については後日詳しくまとめてアップしたいと思います。
メディア属性
●CSSのメディア属性について

baseとなるcssファイルをリンクさせ、それにmedia="all"を設定。
次に印刷用のスタイルシートをリンクさせ、それにmedia="print"を設定しても、印刷プレビューではbaseとなるcssファイルが適用される。

回避方法としてはbaseとなるcssファイルには、media="screen"を設定し、印刷用のcssにはmedia="print"を設定する。

こうすると印刷プレビューで印刷用のスタイルシートが適用される。
解決しました!
QuarkXpress6.5から、ルビ情報を含んだテキスト書き出し

1.テキスト書き出しから、html形式を選択

2.書き出されたhtmlファイルをブラウザで開く

3.(文章を)全選択をして、コピーを選択

4.テキストエディタを開いて、コピーしたものをペースト

5.テキストエディタで、検索・置換で修正する

この方法で「ルビ」情報を失うことなく、プレーンテキストにすることが出来ました。

Quarkからhtml書き出ししたものを、DreamWeaverで編集しようとしたら、上手くいかなかったんです。
文章1行ごとに「DIV」タグで囲まれ、classやspanセレクタが沢山ついてしまい…
デザインビューに切り替えても、文章(テキスト)のみ全選択が出来なかったので、DreamWeaverでの作業を断念…

ブラウザから文章だけコピー出来ないかなぁと思い、試してみると、出来ちゃいました。

BOSS、ありがとうございました!
QuarkXpress6.5でPDF変換
早速QuarkXpress6.5でデータを開いて、PDFに変換。それをテキスト書き出ししてみました。

単語ならば、きちんと「ルビ」を書き出すことが出来ました。

とうきょうと
東京都

こんな感じで書き出されました。
おぉ、これなら大丈夫そうだと、実際に文章をテキスト書き出ししてみると…

きょう
今日は朝から天気が良く
あさ

という感じで「ルビ」がメチャクチャになってしまいました。
これだと非常に作業し難いので、「ルビ」は手打ちしていくことに…
プリント出力して、それを見ながら実際に打ち込んでいます。
「ルビ」の箇所もそれほど多そうではないので、このやり方の方が早いような気がします。

なかなか上手くいかないものですねぇ。
XTensionを入れれば上手くいくのかなぁ…


プレーンテキスト
今、会社で以前作成したDTPデータをプレーンテキストに書き出す作業をしている。

SMI EDICOLORで作成したデータをテキスト書き出しをすると、きちんと「ルビ」を拾ってくれる。

Quark Xpressで作成したデータをテキスト書き出しすると…
ルビを全く拾ってくれない。これは困った!
バージョンが3.3で開いたからのかもしれない。
4や6.5で開いて、テキスト書き出しをまだ試していない。
これで出来ないとすると…

一からルビを入力しないと…
ノベルス小説などは300ページとかあるとなると…

何とか打開策を見つけないと!

CSS Nite Vol.12 Vol.5
テーマの変更は意外と簡単に出来る。
しかし自分でカスタマイズしていくには、PHPタグを理解しなければいけないことに気が付いた。

Naoさんの後半のプレゼン内容はさっぱり分からなかった。
ちょっとずつ勉強していくしかないなぁ…

●USB内でローカル環境を
Windowsのみで出来ることだが、USBメモリ内でローカル環境を構築出来るらしい。
USBメモリ一つあれば、どこでもどんなパソコンでも作業が出来るというもの。なかなか便利だなぁ…

USBメモリでローカル環境を構築する手順の説明サイト(ちなみに説明文はすべて英語です。)

これにてNaoさんのレポート終了です。
本を購入!
昨日、毎日コミュニケーションズ発行・マクラケン直子さん著の『WordPress標準ガイドブック』を購入しました。

MovableTypeとの違いを楽しみながら、勉強していこうかと思っております
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。