FC2ブログ
CSS Nite LP Part6
floatの使い方

floatを使うことによって、ブロックレベル要素を右や左へと自由に配置できるようになる。
ただし、後に続く要素はfloatを解除しない限り、ずっと回り込んでしまうので要注意!

floatを使ったら、かならずclaerを設定する!

positionの使い方
自分で基準点(0、0)を設定できる。何もしない状態では基準点(0、0)はページ左上になっている。
positionを使うことにより、文章構造の順番を変えて配置することができるようになる。

基準点を設定したい箇所で、position: relative;を設定してあげると、そこが基準点(0、0)になる。

floatとpositionを上手く使い分けてあげると、メンテナンスがしやすい

CSSハック

何でもかんでもCSSハックを使えばいいということではない。
まずはCSSハックを使わないことを考える

こもりさんのセッションのレポート終了です!
スポンサーサイト