スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CSS Nite Vol.16 追加情報
先週行われたCSS Nite Vol.16。
第一部でプレゼンをされた小川浩さんの資料が、アップされました。

閲覧・ダウンロードはCSS Nite公式ブログよりどうぞ!
スポンサーサイト
Googleカレンダー
最近スケジュール管理にGoogleカレンダーを使っている。
以前は手帳に書き込んでいた時もあったが、今はGoogleカレンダーしか使っていない。

予定を書き込むのにも、フォーマットがあるので、それに必要事項を打ち込んでいくだけ。
フォーマットの中に「場所」という項目があるのだが、そこに例えば「東京タワー」と打ち込めば、自動的にGoogleMapの「東京タワー」の箇所にリンクが貼られる。

保存後、書き込んだスケジュールの箇所にカーソルを合わせると、ポップアップウィンドウで先ほど登録したデータが表示される。
「地図」をクリックすれば、リンクが貼られたGoogleMapのページに簡単に移動出来る。

この利点は、ネットが繋がる環境ならどこでもスケジュールを閲覧できるという点にある。
加えて、登録しておいたスケジュールを事前にメールで通知してくれる機能もある。

う~ん、便利な世の中。


CSS Nite Vol.16 Part.2
第二部は鷹野雅弘さんによる「CSSレイアウトに関する2、3のメモ」でした。

●CSSレイアウトの種類●
1.横幅固定(frozen)タイプ
2.横幅可変(liquid)タイプ
3.レイアウト可変(elastic)タイプ

●横幅固定(frozen)タイプ
1.左揃え…右側の余白が目立ってしまう
2.中央揃え…スクロールバーが表示されたり、されなかったりする

●横幅可変(liquid)タイプ
○利点
・横幅を%で指定するため、ブラウザ画面に余白が表示されない

×欠点
・解像度の高いモニタで見ると、1行あたりの文字数が増えてしまい、文章が読みにくくなる
・横幅を狭くすると、レイアウトが崩れてしまう

解決策としては、min-width, max-widthを設定する。しかしこの方法は、(Macを含む)IE 6以下では非対応である。

●横幅をem指定
横幅をemで指定してあげることで、たとえ文字サイズを変更したとしても、1行あたりの文字数が変わらないようにすることが出来る。

この例は上ノ郷谷さんのサイト2xupで見ることができます。

●レイアウト可変(elastic)タイプ

このタイプの例として挙げられていたサイト(ウィンドウの大きさを変更すると、それに伴いレイアウトも変更になる)
MMC computers ltd
Nickcowie.com
KuraFire Network

これにてCSS Nite Vol.16のレポート終了です!
CSS Nite Vol.16 Part.1
遅くなりましたが、CSS Nite Vol.16のレポートです。

●第一部・元フィードパスの小川浩さんによる「Web 2.007」●

そもそもWeb2.0って何だろう?
小川さんが定義されていたのは、Web2.0=進化したWebというものだった。

それまでのWeb(1.0)は、ユーザーがホームページなどをただ単に閲覧するだけのものだった。情報発信者は企業なり、ホームページ開設者などの限られたものだった。

しかし、ブログやSNSなどの普及により、HTMLなどの知識を知らなくても誰もが手軽に、情報を発信できるようになった。

●Web2.0を「質」と「量」の面から捉える●

「質」
ブログツールなどを使用することにより、自然と正しいマークアップがされる。
これによりXML濃度の向上が図れる。
XMLを使用することにより、コンピューターが情報を整理しやすくなる。
それにより、(情報の再利用を含めた)ネットワーク化が図れる。

「量」
情報を発信する人が増えることにより、情報そのものの量も増える。
ユーザー数×データ量
多くの情報の中から、自分がその都度得たい情報を得ることが出来るようになる。
これには「検索」が重要な役割を占める。

●今後●
これは現在のWeb2.0でも行われていることだが、よりデータがオープンになっていくであろうということだった。
これは、ある限られた場所だけで通用するものではなく、広く一般で使えるものにしようという動きだ。
そのために共通のタグを利用し、データの再利用を可能にしましょうという動きがある。(microformats、Web標準など)

これにて第一部のレポート終了です。

※小川さんのスライド資料は後日、CSS Nite 公式ブログにアップされるみたいなので、より詳しく知りたい方は、そちらをご覧ください。
オーバープリントプレビュー
●オーバープリントプレビュー●
InDesignやillustratorのCSから搭載された「オーバープリントプレビュー」機能。
特色の掛け合わせなどを確認するにはいいけれど、K100のオーバープリントがプレビュー表示されないのには、不満だなぁ…
かなり大事なことなのに。

モニタ表示の関係で、表示は難しいとは思うのだが、そこをAdobeさんの技術で何とか… って思うのは私だけだろうか…

次期バージョンのCS3では、「K100のオーバープリント表示機能」を是非とも搭載してもらいたいものだ。

●CSS Nite Vol.16●
昨日、CSS Nite Vol.16に参加してきました。
レポートは明日にでも(?)アップ致します。
phpMyAdmin(1)
phpMyAdminとは?…データベースやテーブルを簡単に作成することが出来るソフト

●フィールドタイプ●
短い文字列の場合…VERCHAR
長さが不確定な場合…TEXT
大きくない数字の場合…INT

●長さ・セット●
最大でどのくらいの長さになるかの設定→バイト数で設定
例)バイト数を100に設定する(全角50文字ということ)

TEXTを選んだときは、長さ・セットの指定をしなくてもいい


デジタル・アセット・マネジメント
会社にCumulus導入? という話がある。
確かに導入すれば、デジタルデータの管理はしやすくなるとは思うけど…
社の人間の大半は、必要ないと思っている。
動画データなどを大量に扱うのならまだしも、EPSとTIFFデータが中心だからなぁ…

一体、どうなることやら…

懇親会&新年会
懇親会&新年会に参加された方、お疲れ様でした。

新年会の席で出た「悩み」を…

・打ち合わせの段階で、「聞いておくべき事柄」は何か?

WEBに詳しい方ならガイドライン的なものを理解して頂けるのでスムーズに話し合いが進むのですが、それほど詳しくない方の場合、どのように説明したらいいのか…

みなさんでいろいろな意見を出し合って、「これは聞いておくべき事柄だろう」というものをリストアップしてしてはどうかなぁ? と思っています。
それを皆で共有(PDFなど)して、自分が話し合いの場に出席したときに、それを参考にする。

会社のガイドラインのマニュアル的なものはあるとか思いますが、それだけだと制作の段階に入った時に「あれ、これどうしたらいいの?」というものがいろいろ出てきますよねぇ…

今後はそういうものを作ってみてはどうかなぁと思っています。

新年のご挨拶!
明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。
年が明けて10日以上経ってしまいましたが…
暫く休んでいたブログも、また更新していこうかなぁと思っています。

一昨日、某出版社の方と打ち合わせをしたのですが、その方は「WEBは簡単に出来る」と思われていたみたいです。
新規サイトの立ち上げでの打ち合わせだったのですが、話を聞いた限りでは厳しいんじゃないの? と思ってしまいました。

1.サイトマップ→何も決まっていない
2.サーバー→未決定
3.日程管理→あやふや
4.デザイン→まだ出来上がっていない…
5.コンテンツ(テキストと画像)→本にしたデータを使うから、単純にコピー&ペーストで出来るでしょ? と思っている
6.サイト開設日→来月半ば(これだけ決まっている)

●制作のガイドラインも未決定●
・Macの機種依存文字を使っている場合はどうするのか?
・DTPで使用したフォント(欧文書体)の問題(同じものをWEBでも使うのか?)
・DBを使うのか?
・その他いろいろ


どこまで絡むのかは分かりませんが、相当な量のページ数になる模様…
一体どうなるんだか。

新年早々、頭が痛い…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。