FC2ブログ
XSLTの基礎知識
株式会社ロクナナの中村享介さんによる『XSLT活用の基礎知識』です。

●XSLTとは?

XMLファイルを別のXMLファイルやテキストベースのファイルに変換するための言語。
(XMLファイルをXSLTを用いて、XHTMLに変換など)

●XPathとは?

XMLデータ内の特定な要素や属性を指定するための言語。

●DreamweaverでのXSLT作成

ファイル→新規作成→新規ドキュメント→基本ページから、XSLTを選びます。

XSLT(フラグメント)…一部分を変換する場合
XSLT(ページ全体)…ページ全体を変換する場合

●XMLソースの指定

XSLTファイルを新規作成すると、「XMLソースの指定」というダイアログボックスが現れます。
ローカルエリアもしくは、インターネット上から指定します。
ブログなどのRSSフィードなどを選択してあげるといいでしょう!
指定してあげると、「バインディング」パネルにツリー構造で表示されます。

あとは必要に応じて、パネルからステージにドラッグ&ドロップ。その後は、htmlタグでマークアップしたり、CSSを適用させたりしていきます。

●Dreamweaverの利点

コードビューでマークアップ作業をしていくと、XSLTの場合にもコードヒントが表示される。
Dreamweaverのリファレンスには、XSLTのリファレンスもあるので、それを参考にすると良い。
何かキーワードを打ち込んだら、右クリック→リファレンス(Windowsの場合)か、Shift+F1でもリファレンスを表示出来る。

加えて作業が終了したら、F12(ブラウザプレビュー)をするだけで、XMLからXHTMLに変換されたものが表示される。


これにて中村さんのセッションのレポート終了です。
スポンサーサイト