FC2ブログ
Postscriptって何?
 PostScriptとは1985年にAdobe社が開発したページ記述言語で、文字や画像、イラストなどのサイズや位置、角度などの情報をテキストベースのプログラムとして記述したものです。
 何故PostScriptが使用されるかというと、テキストプログラムなのでデータの転送が早いという利点があります。数百ページにも及ぶデータなどの出力では、PostScript変換しなければ、データの転送だけでも膨大な時間が掛かってしまいます。
 出力の際はPostScriptフォントがインストールされた出力機(プリンタ)が必要です。
下の画像はあるデータをPostScript対応のプリンタに流した際に出来るPSファイルの一部分です。この様に全てテキストベースのデータに変換されます。このデータが出力機側に渡され、そこでRIPという機械によってラスタライズ(PostScriptからビットマップに変換)され出力されます。


postscript.gif

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック