FC2ブログ
DDCPとは?
 DDCPによる色校正について
 DDCPとは(Direct Digital Color Proofing)の略。DTPの作業ではデジタルデータから直接色校正をとるDDCPが可能です。
 一般のプリンタよりも高性能で、CMYKのトナーを使用し、ドットゲインのシュミレーション機能を持ったプリンタのこと。

DDCPの利点
①フィルムを出力しないので、時間的・コスト的メリットがある
②刷版をとらないので、時間的・コスト的メリットがある
③従来に比べ安定したプルーフが作成出来るので、刷り具合による色のバラつきがあまりない

DDCPの欠点
①定期的なカラーマッチングが必要不可欠
②印刷用のインクを使うわけではないので、色の完全な再現は無理
③オーバープリントがトラップなどのチェックが完全ではない
④RIPが変わるとデータの解釈が変わるため、DDCPのRIPとイメージセッターのRIPが違う場合は、フィルムのチェックが必要

※DDCPによる色の完全再現は無理なので、色味をきちんと確認したいもの(カバーなど)は、従来通りフィルム出力をしてからの色校正が望ましい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック