スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CSS Nite Vol.16 Part.1
遅くなりましたが、CSS Nite Vol.16のレポートです。

●第一部・元フィードパスの小川浩さんによる「Web 2.007」●

そもそもWeb2.0って何だろう?
小川さんが定義されていたのは、Web2.0=進化したWebというものだった。

それまでのWeb(1.0)は、ユーザーがホームページなどをただ単に閲覧するだけのものだった。情報発信者は企業なり、ホームページ開設者などの限られたものだった。

しかし、ブログやSNSなどの普及により、HTMLなどの知識を知らなくても誰もが手軽に、情報を発信できるようになった。

●Web2.0を「質」と「量」の面から捉える●

「質」
ブログツールなどを使用することにより、自然と正しいマークアップがされる。
これによりXML濃度の向上が図れる。
XMLを使用することにより、コンピューターが情報を整理しやすくなる。
それにより、(情報の再利用を含めた)ネットワーク化が図れる。

「量」
情報を発信する人が増えることにより、情報そのものの量も増える。
ユーザー数×データ量
多くの情報の中から、自分がその都度得たい情報を得ることが出来るようになる。
これには「検索」が重要な役割を占める。

●今後●
これは現在のWeb2.0でも行われていることだが、よりデータがオープンになっていくであろうということだった。
これは、ある限られた場所だけで通用するものではなく、広く一般で使えるものにしようという動きだ。
そのために共通のタグを利用し、データの再利用を可能にしましょうという動きがある。(microformats、Web標準など)

これにて第一部のレポート終了です。

※小川さんのスライド資料は後日、CSS Nite 公式ブログにアップされるみたいなので、より詳しく知りたい方は、そちらをご覧ください。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
いつもご参加ありがとうございます。
小川さんのお話、サイコーでしたね。
2007/01/22(月) 15:45:28 | URL | 鷹野 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。