スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CSS Nite Shuffle Part.3
続いてのセッションは、太田禎一さん(アドビシステムズ株式会社)による『Apollo、インストールから向かうビジョンまで』だった。

Apolloのパブリックアルファ版が公開されたことは、知っていたのだが、Apolloで一体何か出来るの? と思っていたので興味津々!

●Apolloって何?

Apolloは、開発者がすでに身に着けているWeb開発スキル(HTML、Ajax、Flash/Flex、PDF)を利用して、デスクトップRIA(リッチインターネットアプリケーション)を開発・配布するためのクロスOS実行環境。コードネームの名称で、正式名称はまだ未定。

●Apolloの利点

1.100%Web標準技術を採用している
2.Ajaxがそのまま動く
3.クラスプラットフォーム
4.多彩なメディアに対応(Flash SWF、Flash Video、MP3、PDF)

●作り方

今までの様に、XHTML、CSS、JavaScript、SWFなどで作成し、それをクロスプラットフォーム配信用のパッケージファイル(AIRファイル)に変換する。
データ変換には、FB+Apollo ExtensionかApollo SDK(無償提供)を利用する。

FB+Apollo Extensionは、
Adobe Flex Builder 2.0.1(EclipseベースのIDE)+ Apollo Extension。
う~ん、よく分からない。

一方、Apollo SDK(無償提供)は、
HTML/JavaScriptだけで開発したアプリケーションをそのまま「Apollo化」できるみたいなので、こちらのほうが簡単にデータを変換できそう。

●使い方

最初に使うときに、Apolloランタイム版 (ファイルサイズは5~9MB)をインストールする必要がある。

●今後の展開

Apolloの今後の展開としては、FlashVideoを使ったインターネットTV、PDF Casthing、電子書籍、携帯端末などに使われていく可能性があるそうだ。

デスクトップアプリケーション、果たして使うのだろうか? でも、ちょっと試してみようかなぁと感じたセッションでした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。