FC2ブログ
『WEB標準の日』 レポート3
mashiko.jpg

午後のトップバッターは益子貴寛さん(サイバーガーデン)。講演テーマは『WEB標準を最大限に生かすディレクション&ガイドライン』でした。

1.WEB標準は「中長期的」が前提
初期投資としてはXHTML+CSSの方がコストが高いというのが一般的。しかしその後の更新作業やリニューアルではXHTML+CSSの方が費用を低く抑えられる。
初期投資をあまりかけられない場合は、Tableレイアウトという手段もあるが、クライアント側に「中長期的」な視野を持ってもらい、WEB標準のメリットをきちんと伝えることが大事。

2.中長期的の経済効果
最近のユーザーは「検索エンジン」からキーワードを打ち込んで、ページにたどり着くことが多い。この点から検索結果の上位に表示されることは、ビジネスチャンスを獲得出来るチャンスが生まれる。

3.アクセシビリティの重要性
人口の10%前後が何らかの障碍を持つといわれています。
アクセシビリティ/ユーザビリティの欠如で、ECサイトなどで商品の購入を断念する人が出たとする。これは機会損失(opportunity loss)になる。これは絶対に避けなければならない。

4.しかし時間が掛かる
しかしWEB標準が浸透するまでには、時間が掛かる。現在WEB標準に興味を持ち、積極的に準拠したいと考えているデザイナーが、数年後にディレクターなどになった時に、WEB標準は本当に浸透する。
現在47都道府県のうち22道府県でCSSレイアウトが取り入れられている。

このテーマは2回に分けたいと思います。続きは明日。
『WEB標準の日』 レポート2
 続いてはアドビシステムズ株式会社プロダクトスペシャリスト 林岳里さんによる特別講演『The Spry framework for AjaxとWEB標準技術』でした。
 『The Spry framework for Ajax』とは、HTML、CSS、JavaScriptの基礎知識があるWEBデザイナーが簡単に使えるように考えられたJavaScriptのライブラリ集のことです。

 spryの利点としては、次の3点が挙げられます。
1.クロスブラウザのフレームワーク
2.HTMLに追記するコードは最小限で済む
3.WEBデザイナー用のJavaScriptライブラリ(Ajax,Widgets,Effects)

 現在サンプルとして、『PhotoGallery』『Product Table』『RSS Reader』がダウンロードできます。サンプルはAdobe Labsからダウンロードできます。
 ただしマニュアルはまだ英語版しか提供されていないそうです。でも英語版のマニュアル(←そんなに難しくないと林さんはおっしゃっていました! ホントかなぁ…)に沿って読み進めていくと、それほど時間がかからずに、作成できるそうです。
 とりあえずどんなものなのか画面を見たいという方は、labs内のshowcaseをご覧ください。
 
 自分はリッチインターネットアプリケーションについての知識はほとんどないので、これを機会に勉強していこうかなと思いました。何だか難しそうな気がするんですよねぇ… 完全に個人的な意見ですが…

 林さんの講演の資料がダウンロードできるようになりました。音声ファイルのダウンロードも可能です。

ちなみにspryは、「活発な、元気の良い、すばしこい」という意味です。

 これにてレポート2終了!
『WEB標準の日』 レポート1
 『WEB標準の日』最初の講演は、木達一仁氏(ミツエーリンクス)の「The Right Tool for the Right job」でした。
 これまでどのようにマークアップ言語・スタイルシート言語、ブラウザが発展してきたかの説明が最初にありました。
 そしていよいよXHTML+CSSでのメリットの説明がありました。メリットは5つです。

1.アクセシビリティの確保
2.機械可読性の確保
3.通信帯域の節約
4.より簡易な更新作業
5.前方/後方相互性


でも今現在の課題も挙げられていました。

1.ブラウザ間での実装差異
2.高い学習曲線


・ブラウザ間での実装差異とは、IEと他のブラウザ(Firefoxなど)でのWidthの解釈の違いなどでした。
・高い学習曲線は、XHTML+CSSでのページの作成技術を習得するまでは時間がかかるということです。

確かにこの技術を取得するには、時間がかかります。最初は難しいと感じるかもしれません。
ですが、今後発表されるオーサリングツールやWEBブラウザは「WEB標準準拠を念頭において作成されていく」らしいので、今きっちりと身に付ける必要があると感じました。

なお後日、講演の際に使用したスライドは『WEB標準の日の公式サイト』で閲覧できるようになるみたいです。音声も配信されるみたいです。アップされ次第、お知らせします。

これにてレポート1終了!